VIDESの歴史

2020年2月のSr. Annecieの研修では、VIDESのはじまりについて、歴史を概観しながら、説明がありました。内容について確認することで、VIDESのアイデンティティについて、知ることができ、有意義な時間となりました。

さらに、シスターからのお話と、VIDESの本部のサイトを参考に、VIDES Internationalのタイムラインについてもまとめています。よろしければ、ご覧ください。


※上記の表の補足説明

・VIDES発足以降の世界への拡大は、こちらから確認できます。

・VIDESの団体としての組織体は、こちらから確認できます。

・VIDESが2002年に加入した際は、DPIでしたが、現在はDGCと合流し、Department of Global Communicationとなり、規模が拡大しています。

・2008年にVIDESが加盟したECOSOCは、国際連合経済社会理事会で、関連事務所の中に、主に人権問題を担当するOHCHRがあり、VIDESが主に、こちらのような形で、各国の社会問題について、IIMAと協働する形で、報告書を提出しています。日本の現状も、2012年に報告されているものが掲載されている。

・2012年には、上記のECOSOCの専門機関の一つのILOのパートナーともなっている。

・国際連合について、詳しくは、DGCの下部機関である日本の国際連合情報センターのサイトなどで、日本語で情報が見られる。また、子供向けには、「国連キッズ」で情報が見られる。

Sr. Annecieによる研修会

2020年2月15日、VIDES InternationalのDelegataのSr. Annecieは、VIDES JAPANの会員向けのセミナーを行いました。その中では、VIDESの歴史や、国際ボランティアをする上で必要なスキルについて、お話をして頂きました。

青年たちの中でのグループワークでは、2018年に行われて若者のシノドスを受けて、青年司牧のことについて話し合われる機会も持たれました。その中では、現代の問題が、様々に話し合われ、多くの年代の人々ととにも、意見を交わすことができました。

最後に、VIDES JAPANとしての活動の証として、正式な証明書も頂き、実りのある締めくくりとなりました。これからも、VIDESの本部の皆様とも繋がり、定期的な報告をしつつ、成長ができるようにしていきたいです。

Sr. Annecieの訪日

2019年2月、VIDES InternationalのDelegata(代表)であるSr. Annecieが訪日され、日本で若者たちとの時間、FMAのシスター方との時間を過ごされました。2016年から開始したVIDES JAPANのハッピーハウスの事業も見学され、日本の現状についても、理解を深めて頂き、日本の活動の進展について、知って頂く機会となりました。

以下で、VIDES JAPANのメンバーであり、ハッピーハウスで活動をしてくれている石橋千佳さんに書いて頂いた、活動をしている上での感想と、Sr. Annecieの訪問で感じたことをまとめて頂きました。

Sr. Annecieの訪問を受けて:石橋 千佳

Sr. Annecieが、2020年2月にハッピーハウスに訪問され、多くの子供たちが笑顔で迎えました。私もとても嬉しく思いました。以下で、今までの活動で、私が感じたことについて、お話させて頂きます。

私は2018年の12月からハッピーハウスの活動に参加しています。参加し始めた理由は、子どもが好きだからです。また、将来は子どものために働きたいと考えているので、今から子どもたちと深くかかわれるということは貴重な経験だと思います。

参加し始めた頃は、少し緊張していましたが、少しずつ子どもたちと打ち解けていくことが出来ました。参加して1か月半が経ったころ、子どもに「なんかずっとハッピーハウスに来ていたみたいだね!」と言われたとき、とても嬉しかったことを覚えています。

ハッピーハウスでは一人のシスター中心にスタッフや子どもが手伝い、夜ご飯を作ります。私自身も野菜を切ったり、レシピを知ったりと料理の練習が、家で料理をする時に役立っています。

子どもから「手伝いたい」と言ったり、「作りたい」と言ったり、実際に授業で習ったおかずを作ってくれたこともありました。ハッピーハウスでは、一つのテーブルを囲みながら楽しく食事をしています。シスターを始め、作ってくださるご飯はとてもおいしくて、愛情たっぷりです。料理の過程を見たり、皆で楽しく食事をしたりすることを通して、子どもたちは食に対する意欲や関心を持っていると感じます。

ハッピーハウスの子どもたちの成長は私たちにとって喜びです。子どもだけではなく、スタッフも成長させてもらっています。この活動から、子どもが、人が、本当に必要としていることは何なのか、相手に寄り添うということを通して学んでいます。

ハッピーハウスは子どもも大人も皆がありのままで過ごせる場所です。これからも子どもたちが安心して信頼出来る大人たちと過ごし、皆の居場所であるハッピーハウスでいたいです。


シスターイヴォンヌと教皇の来日

サレジオ家族の集い
2019年10月14日、VIDESの青年代表の数名が、
調布教会で行われた「サレジオ家族の集い」に参加しました。

青年の代表たちも、大きな刺激を受け、
今後の活動に対する活力となったと思います。
詳しくは内容は、こちらも、ご覧ください。

サレジオ家族とは、ドンボスコの精神で活動をする学校、修道院、
同窓会などで構成されています。
今回は、FMAの総長マリア・イヴォンヌの来日を受けて、
調布教会に、このサレジオ家族の皆さんが集まりました。

マリア・イヴォンヌの姿
マリア・イヴォンヌは、VIDESが出来た当初の1990年代初頭は、
西アフリカで宣教に関わっておられ、
前総長のMother Antonia Colomboの“The value of working together,”(協働することの価値)という言葉を受け継ぐように、
ラテンアメリカなど、多くの国々で経験を積まれました。
初代、マリアマザレロから数え、9代目となります。

教皇の訪日
2019年11月には、教皇フランシスコも来日され、
日本の青年たちも、様々な準備をし、教皇を出迎えました。

上智大学では、多くの学生との交流の中で、
教皇は彼らに、高い知識、学力だけではなく、他者を受け入れる思いやり、
いつくしみに満ちた社会を作るために、
学問を進めてほしいと、学生に伝えています。
詳しくは、こちらも、ご覧ください。

日本の教会の青年たち、その活力
教皇フランシスコは、タイ、日本の訪問で、若者たちを中心に、
今後の社会を担っていくための役割を意識するように訴えています。

教皇フランシスコは、アジアの教会を始め、
アフリカ諸国、中東など、今までとは異なる国籍の若者に対して注目をし、
2020年4月からは、“Youth Advisory Body”を結成し、
バチカンで多くの若者の意見を取り込む企画を開始しました。
そして、日本の代表には、VIDESのメンバーが選ばれています。

今回の教皇様の訪日に向けても、フランシスコウィルなどで、
多くの若者が尽力し、バチカンとの繋がり、
教皇の身近さも感じることができたと思います。

VIDESと日本の宣教の精神
VIDESは、世界中に42か国の支部があり、
国連ECOAOCの諮問資格を持つ形で、世界と連帯をしています。
シスターイヴォンヌは、長い宣教のご経験から、
この「連帯」という言葉を、とても強調されていると思います。

また、教皇フランシスコも、特に若者を通して、いつくしみを持って、
世界をリードするProtagonistとなるように、
使徒的勧告の”Christus Vivit”では語っており、
Vatican Newsでは最近、世界中の若者の声が報道されています。

Japan at a Crossroad
私たちVIDES JAPANも、「岐路」(crossroad)に立ち、
国際化の中で変化を求められている日本社会、
そして教会の中で、適切な国際ボランティアを、日本で展開するために、
FMA総長のシスターイヴォンヌの宣教の精神のもとで、
サレジオ家族と「連帯」し、
教区、修道会の垣根を越えて、若者たちが活動を共にできるように、
促進していければと思います。

そのために、今回の教皇フランシスコの訪日が、
大きな影響も持つことを願っています。
今後とも、どうぞよろしくお願いします。

管区会議への参加


サレジアンシスターズ管区会議の開催
サレジアンシスターズの雪の聖母修道院で、
2019年7月20日~24日、管区会議が開催されました。
VIDESは、20日~21日まで、ミッションパートナーとして参加をし、
今後、シスターたちとの協力体制について、話しました。

参加者について
一般信徒、サレジオ会の学校で働く先生方を含め、
多くの意見が交換される有意義な時間となりました。

参加者としては他には、Salesiani Cooperatori、Unioneからもいらっしゃり、
多くの人々が集まりました。
※Salesiani CooperatoriとUnioneについては、こちらをご覧ください。

会議の意図について
6年に1度の2020年9月総会のために、
質問に答えて発表していくという二日間でした。
実際に行われたQ&Aは、次の通りでした。
Aは、この記事では、VIDESとしての回答を中心に取り上げます。

Q1:今、私達が生きているこの時代のただ中で、私達共同体が予防教育法、
 サレジアンカラーを通して教育していくうえで、何が緊急課題、
挑戦だと考えられますか?

A:VIDESとしては、ハッピーハウスの活動を通して子供の貧困問題について
考え、活動している。

Q2、私達が関わっている青少年たちへの効果的働きかけをするために、
   私達共同体にできることは何ですか?

A:VIDESとしては、それぞれの年代の居場所作りを意識して、
 いろいろな活動している。

Q3、私達の共同体が共に考え、共に歩む共同体となるために、
  一番必要な事は何ですか?

A:共に祈り、共に寄り添ってくれる人、シスター、居場所があることを伝える。
 そして、何よりもっと心強い、マリア様、ドン・ボスコ、
 神様がいつも共にいてくださっているから、安心して大丈夫ということを
 伝えていること。

Q:この三点を話し合った事を踏まえて、目標をたて、シスターへの提言を考る。

A:青少年と関わり、青少年の社会を知り、
 SNSなど学び、よき理解者として寄り添っていく。
 VIDESとしては、生涯ドン・ボスコの精神、シスターと繋がっていかれるように
 学生、保護者を誘っていく。

今後の目標、課題
シスターに求めることは、それぞれの場所で、シスターや学生、
保護者など誰でも集える喫茶などの場所を作ってほしい。
ここでいう喫茶とは、シスターたちの宣教の場であり、
人々が自由に集い、悩みを交換できるような場所です。

今後も、VIDESとしても、シスターたちと一般信徒の協力体制を強化し、
活動を広げていきたいです。
今後も、情報を更新していければと思います。

マリアマザレロの祝日

聖マリア・マザレロの祝日
5月13日は、聖マリア・マザレロの祝日として、サレジオ会では祝われています。
マリアマザレロは、FAM(扶助者聖母会)の創立者で、
サレジオ会全体でも、お祝いをされます。
マリア・マザレロの人生
FMAのウェブサイトを参考にすると、
彼女の人生は大きく分けて4つの段階にまとめられています。

第一段階
第一の段階は、イタリアのモルネーゼ、モンフェラートで育った、
誕生から初聖体(1850年)までとなります。
この間で、ドンボスコの指導者ともなっている、
ペスタリーノ神父(Fr. Domenico Pestarino)とも出会うこととなり、
霊的な基盤が出来上がります。

第二段階
第二段階としては、初聖体の実りとして、
“the Daughters of Mary Immaculate”という修道会と出会い、
そのメンバーとして農作業などを始めとして、
祈りと労働の信仰生活が始まります。
しかし、23歳の時チフスに感染し、
身体の衰えと同時に、新たな自分の使命を悟り、
貧しく、当時社会的に弱かった、女性たちの教育に目覚めていきます。

第三段階
教育事業に目覚め、裁縫などを女性に教えていく中で、
1864年、ドンボスコと出会い、
より活動が具体化していきます。
その結果、1872年、現在のFMAの基盤となる扶助者聖母会を作ります。
第四段階
1872年~1881年は、宣教のために多くの場所を駆け巡り、
一気に活動を広めました。その柔軟性と同時に、
忍耐のある活動は、 “patient and compassionate charity”と表現されています。

サレジアンシスターズ、扶助者聖母会のウェブサイトより
http://salesian-sisters.jp/about/founder/

次の段階へ
サレジアンシスターズの日本宣教は、
2019年で90周年を迎え、記念サイトも完成しました。

世界広報とカトリック
2019年5月7日、カトリック中央評議会は、
復活節第6主日に祝われる「世界広報の日」に向けて、
教皇が発表したメッセージについて言及しました。
※教会は、社会問題と積極的に関わるために、 祈願日を設け、
ミサでも祈りを呼びかけています。
FMAも、90周年記念サイトのように、
サレジオ会全体、教区の取り組みに対して、
広報手段を正しく用いて、繋がっていくことが重要だと思います。
今後も、こうしたFMAの精神を知ったうえで、
現代に合ったボランティアの姿を、 VIDESも模索していきます。

VIDESの14活動

・14活動について
VIDES JAPANは、発足当初から14種類の活動を通じて、
運営費用に繋げています。
①海外ボランティア:主にカンボジアでの学生指導、現地の人々への技術支援。
②学資援助:カンボジアのパン工場、日曜学校などへの物資援助。
③リストランテ:イタリア料理の指導、および提供。
④フレンドシップ:擁護施設の子どもたちとの触れ合い、遠足など。
⑤MACLOVE:主にパソコンを用いた情報発信。
⑥フリーマーケット:公園、学校でのフリーマーケット開催による資金調達。
⑦海外物資援助:主にアジア圏の子どもたちに対する援助。
⑧ランチショップ:お弁当の調理と販売
⑨カルチャー:手作り工房を通じての文化交流提供。
⑩マイン:生活補助活動。子どもの貧困と向き合うハッピーハウスも設立。
⑪アカデミー:歌や踊りなどの講演、若者の能力開発
⑫祈りの会:祈りを通じて、団体を支える活動
⑬山中サレジオ山荘:山荘を運営し、様々なグループの活動を援助。
⑭ショップ:青年の語らいの場所を提供するための食事を提供。
・組織運営と若者の関わり
VIDES JAPANは、以上の14活動それぞれに対して、
責任者を一名置き、運営しています。
それぞれの活動の際には、青年が関わるようになっており、
年長者と青年のかかわりを大事にしています。
・ About 14 activities
VIDES JAPAN funds have gone towards through 14 activities since beginning.
1. Overseas volunteer: Mainly teaching students in Cambodia, technical assistance to local people.
2. Scholarly Aid: Aid assistances to bakeries in Cambodia, Sunday school, etc.
3. Ristorante: Teaching and serving Italian cuisine.
4. Friendship: Contacting with children in advocacy facilities, excursions, etc.
5. MACLOVE: Information transmission mainly by using a PC.
6. Flea market: Fund raising by holding a flea market in parks and schools.
7. Overseas material support: Support mainly for children in Asia.
8. Lunch shop: Cooking and selling lunch.
9. Culture: Providing cultural exchanges through handmade workshops.
10. Mine: Life support activities. “Happy house” was also established to face the poverty of children.
11. Academy: Play and dancing lectures for youth ability development.
12. Prayer meeting: Activities to support groups through prayer.
13. Yamanaka Salesian cottage: Operating a cottage and supports various group activities.
14. Shop: Providing meals for a place for young people to talk.

サレジオ家族研修会


始めての日本のサレジアンファミリーの集合
2019年5月12日、赤羽のサレジアンシスターズ修道院で、
FMAサレジオ家族研修会が行われました。
その中では、主にUNIONE
Salesiani Cooperatori(サレジアニコーペラトーリ)
そして、VIDES JAPANが参加しました。

研修会の経緯
この研修会の直接的なきっかけとなったのが、
2018年10月に行われたフィリピンにおけるサレジアンシスターズローマ本部、
サレジオ家族部門主催の
「東アジア諸管区協議会レベルでのサレジオ家族研修会」でした。

この研修会は、それぞれの所属するグループの認識を深め、
同時に他のグループへの理解を促進し、
同じサレジオ家族のメンバーだという意識を持つことが、狙いとされていました。
日本から参加したメンバーは、他のグループについて知ることの重要性を、
実感することができたとのことでした。

サレジオ家族:お互いを知ること
以上のようなきっかけから、今回の研修会も、
お互いのグループについて知ることから始まりました。
緊急課題として、ほとんどのグループから、
「発信」という言葉が多く出されました。
それぞれの会が良いことをしているにも関わらず、
知らないが故に視野が狭くなり、自分の生き方を探している若者に、
良きキリスト者、社会人としての生き方を示すのが難しいという
閉塞感があるからです。

だからこそ、今、SNSなどを正しく用いて、
若者の協働の体験を生み、
信仰を育てるためには、各団体の地域、働きの特徴を通して、
有意義な繋がりを作ることが必要であると議論されました。

フランシスコ教皇も、2019年5月8日に行われた、
WORLD Communications Dayの開催において、
メディアの発展を使用して、その資源を有効に用い、
誰も取り残さないことの重要性を語っています。

サレジオ家族の歴史
サレジオ家族とは、学校法人、
修道会、同窓会を含め、 19世紀後半に「サレジオ会」として、
活動を開始したドンボスコの霊性を基に活動をしている団体の総称です。
以下、サレジオ家族の団体について、今回の参加団体を中心にご紹介します。
サレジアニ・コーペラトーリ
1876年、ドンボスコは、増えていくオラトリオ(職業訓練場)、
子どもたちの数に対応が難しくなり、必然的に社会で働く人々に対して、
助けを求め、一つの団体を立ちあげます。
それが、”Salesiani Cooperatori”です。 日本にも全国的に広がりを持っており、
今後は若者の活動と一緒に、情報が発信できればと、
今回のサレジオ家族の研修会では分かち合いました。
コーペラトーリの活動も、1991年より総則の変化から、
世界大会に参加ができるようになりました。
ウニオーネ
その中のウニオーネは、
サレジオ会の第4代目の総長の フィリッポ・リナルディによって、
扶助者聖母会のために作られた、協力者会です。
この協力者会は、世界中に広がるSalesiani Cooperatoriや、
男子のサレジオ同窓会連合のように、
女子のサレジアンシスターズにも協力者会を生み出すという、
1876年における意思を実現するものでした。

VIDES JAPAN
VIDES JAPANは、1991年に、国連ECOSOCの協力メンバー、
国際ボランティアとして発足したVIDESが、 1994年に来日時、誕生した団体です。
日本で起こる社会問題を通して、
若者の養成、国際的視野の拡大を図っている団体です。 VIDESの歴史については、こちらもご覧ください。
また、2019年3月までの活動をまとめたレポートも、ご参照ください。

分かち合いの実り
今後、以上の多様性を踏まえ、サレジアンシスターズと、
他の人々、組織体との連携、修道院と学校の協力体制など、
多くの課題を体験していくと思います。
しかし、今回感じたサレジオ家族の精神を基に、
霊性を促進し、青少年が自己の人生の意義を見出せるよう、
協力をしていければと思います。

VIDESの歴史

アジアを先導した日本
VIDES が 1991 年において、サレジアンシスターズの国際ボランティア団体として発足し、
日本では 1994 年、稲川孝子シスターのもと、活動が開始されました。
アジアでは日本が最も早い設立で、
それに続いたのがフィリピン(1995 年)、続いてインド(1998 年)、
次にベトナム(2000 年)、カンボジア(2001 年)、
そして 2007 年には、韓国、中国、タイが同時期で、 その活動を開始しています。
VIDES INTERNATIONAL
VIDESは、国際連合のECOSOCで、
世界中の社会問題についての情報提供をするNGOの一つとして、 IIMAを通じて、
活動をしている団体です。

VIDES JAPAN:国際舞台での姿
VIDES JAPANも、日本の社会問題に関わり、今後、世界に向けて、
情報発信をし、国際ボランティア団体としても、
活動を展開できればと思います。
その例として、現在取り組んでいるハッピーハウスがあり、
現在、子どもたちに対して、放課後の居場所、夕食を提供しています。
日本の現状を発信していくために、今後さらに活動を広げていければと思います。

VIDES JAPAN: An Overview
VIDES was launched in 1991 as an international volunteer organization of Salesian Sisters. In Japan, its activities started in 1994 under Takako Inagawa (Sr. Paula Inagawa Takako). VIDES Japan was established as the first branch in Asia, followed by the Philippines (1995), India (1998), Vietnam (2000), Cambodia (2001), and in 2007, Korea, China, and Thailand at the same time. The activities of VIDES in Asia was led by Japan.   Currently, Japan accepts a large number of tourists, with annual visitor numbers in 2018 around 30 million. All Asian VIDES countries are included in the top 10th. Included in the Top 20 are Canada, the United States & the United Kingdom. These countries leading international volunteers at VIDES are ranked in.   Japan in the face of such numbers is rapidly becoming more international Under such circumstances, it is necessary to consider not only “internationalization” but also the value of what “international volunteers” is and what kind of specific work required. It goes beyond just thinking about the meaning of the word. It means a revolution in the values of Japanese society. Japan is one of the world’s most developed countries, and the gross domestic product is third largest. However, Japan is one of the countries where the “World Giving Index” ranks below 100 and the culture of giving has not taken root. cover shop online In such a culture, among the OECD’s advanced countries, the poverty rate of single-parent families is the lowest. Therefore, it can be said that it is also a fact that we need to face hidden poverty there. In such a Japanese society, we should find people who need the “Giving” and “Given” experiences. It may be the work of a religious organization such as VIDES that is not a government or an international project at the national organization levels .It is difficult for the Japanese government and society to accept intervention from charitable works, the work of “volunteers” like VIDES. However, all the better for this difficulty, Japan has the potential to change- even the values of the general society. cover iphone x custodia outlet The reason why Salesians’ voluntary work should lead the churches and even Japanese society can be attributed to the education style of Don Bosco. Don Bosco’s “preventive” is not meant in a negative sense but should be seen as positive and proactive. That is because his style is facing children and their background then to point out what they need before they do something wrong. custodia samsung His style “persuades” children and youth about what is the correct discernment. Japan’s Salesian Sisters’ school corporations are all based on this style. Based on that, the activities of VIDES are also fostering young people in the international communities. Therefore, in addition to the 14 types of activities that have continued since our beginning, we made a group centering on young people. cover shop online Also in 2019, as an international volunteer group, a group launched to promote us as an international group in media. Building on our 25-year history, VIDES JAPAN’s growth will be further embodied in the future. To that end, it is particularly necessary to face the poverty of Japanese children, And we are strengthening our ability to tell about what is happening in Japan to overseas. By presenting the current Japanese growth and future challenges in this paper, I hope you can increase your understanding of Japan and the expectations for it.

国際女性デー

3月8日は、国連が指定した「国際女性デー」でした。 cover custodia huawei この日もともと、20世紀前半に起こったアメリカの女性のデモ運動で、参政権などを中心に、その平等を求めた動きから起こりました。 custodia de samsung galaxy VIDESの”D”は、”Donna”で、「女性」を表しています。 custodia samsung s8 近年は、この「女性」の社会問題を考えることで、社会に存在する不平等について考え、教育機会の均等、投票権など、多くの世界的な問題に触れる機会が提供されています。 iphone cover outlet 私達も、活動の中で、「人権」について、包括的に考えていきたいです。 samsung custodia VIDESの広報活動 VIDESは、世界に存在する社会問題に積極的に取り組み、その情報を正しく発信して考えていくため、今後、ホームページを中心に、どんどん情報発信をし、活動を盛り上げていきます。 custodia samsung outlet こちらもどうぞ、よろしくお願いします。